上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
openeditionmain2.jpg

こんにちわ。今日は涼しくて、むしろ少し寒いくらいですね。気が付けばもう8月も終わってしまいます。
幼い頃はもっと夏が長く感じられたような気がしてなりません。なぜでしょうか?
時間の流れの感じ方とは本当に面白いものです。

さてさて、本日の紹介は時間の流れを計る機械です。つまり時計です。
しかし、上の写真見てください!時計には見えません!
時計はデジタル表示とアナログ表示が一般的ですが、こちらはなんとデジタルの数字が独立しています。
もう何時だかさっぱり分かりません。縦に置いたり、ばらばらに離して置いたり、無秩序に置いたりもできます。
名前はOpen edition LED clock。北米では一時期ベストセラーになりました。
デザインはJonas Damon(ジョナス・デイモン)です。彼はドイツ生まれですが、ロンドンやパリで活動した経歴をもち、2001年からNYにJONAS DAMON OFFICE FOR DESIGNを構えています。
NYのデザインコレクティブ、そうですあの金豚の貯金箱で有名なAREAWAREから発表されています。

しかし実際に近年様々な表現の時計が出てきましたね。
Open editionもその一つですが、自分で並べ替えができるという点で、面白さは更に膨らみます。
腕時計ではNookaもかなり面白いです。Nookaについてはまた今度お話します。

製品の情報はこちら

Generate Design
スポンサーサイト
Plantcup4web.jpg
こんにちは!Generate Designです。
今日も先週に引き続き、Thorsten van Eltenからの新入荷商品の紹介です。
本日はPlant Cupというプランターですが、とてつもなくかわいいです。
手が小さいのでも、ベンチが小さいのでもありません。カップが大きいのです。
魔法の国に言ったような気分になりましたか?

デザイナーはGitta Gschwendtner(ギタ・グシュウェントナー)さんです。
彼女のデザインは慣れ親しんでいるものに、一味加えるといったものが多く見受けられます。 
"もちろん機能は大事だけど、機能プラスαで、プロダクトにそのものに生命を与えたい”  と語っています。
ICON MAGAZINE )

そんな思いもあってかPlant Cup、下の写真のキャット(名前はEek)とは大の仲良しみたいです。
フリッカーでどのようにカップと親しくなったかの過程が御覧になれます。
こちらからどうぞ。
plantcupcatinit.jpg
(こちらのキャットはNYのインテリアショップwww.yousaytomayto.comのマスコットらしいです。
残念ながら商品には含まれません。Thanks yousaytomayto!!)


情報元 パブリックモモンガさんありがとうございます。

商品ページはこちら
Generate Design
pigeonlightonastreet.jpg
こんにちは!Generate Designです。今日も暑いです!
ところで昨日初めてSun Jarを個人的に使ってみたのですが、充電は適当にバルコニーに放置しただけでしたが、8時間以上は光っていましたね。明るすぎず、眠りを妨げない程度の明るさで、ベッドの足元に置いてみましたが、足元を照らすのに最適です。大人気の理由がやっと分かりました。。。雰囲気が本当に太陽の光をちょっと借りてきたみたいで良いです!!

さてさて昨日から引き続きTHORSTEN VAN ELTENの入荷商品についてですが、今日は大人気商品Pigeon Lightです。Pigeon(ピジン)とは鳩のことで、名前も見た目もそのまんまです。平和の象徴として、世界中どこの町にもいる鳩。都市のお土産を作るとしたら鳩モチーフで間違いない程にまでになりました。そんな鳩をライトにして室内でも平和の象徴を感じられる作品です。デザイナーはEd Carpenterです。designboomのHPにEd Carpenterがいますので、見てみてください。ちょうどPigeon Lightを販売してますね。ちなみに自身のHPはリニューアル中みたいです。残念ですが、Pigeon Lightは確実に入荷しました。部屋に平和をもたらすライト?けんかの絶えない家庭にもおすすめです。商品ページはこちらです。是非チェックしてみてください。

*日本では白とピンクのみの販売です。残念ですね。

Generate Design


皆さんお元気でしょうか?しばらく更新していない間にいろんなことがありました。最高気温の記録を更新したのは、今年の夏はやっぱり暑かったと裏付けてくれました。やはり地球温暖化なのでしょうか?以前はちょっと暑いと地球温暖化だと騒ぐ風潮が嫌いでしたが、そろそろ私も変わらないといけないのでしょう。地球は確実に温暖化していますね。エアコンは26度でがんばりましょう。できることなら使わないで過ごしてみましょう。

さて、Generateですが、イギリスのブランドTHORSTEN VAN ELTEN(ソーステンバンエルテン)から待望の入荷がありました。見た目にもインパクトがかなり強いこちらのボウルはその名もWar Bowlです。ただ、戦争に対する強いアンチテーゼというような強いメッセージではなくて、どちらかというと子供時代に楽しく遊んでいた兵隊のおもちゃは、なんとも悲しいことに戦争で戦う兵隊以外の何物でもないことにパラドックスを感じたというような作品です。単純に小さなものの集合がモノを形成するという面白さと、素材の意外性ももちろんあります。デザインはSteve MosleyDominic Wilcoxによるユニットで、MOSLEY MEETS WILCOXです。2005年からはソロ活動をしているようです。ちなみにSteve Mosleyのリンクに関しては不明です。HPが見つかりませんでした。あしからず。Dominic Wilcoxはたくさん面白い作品も製作していますし、War Bowlに関しても説明があります。まさにGenerateのセレクションといった作品でアイデアといい、ビジュアルといい、かっこいいの一言です。

商品ページはこちら

Generate Design
OnOff4web.jpg
こんにちはGenerate Designです。今日は以前も紹介したデザイナー川村秀雄さん主催「KHA」のレーベル「Rezon」からのファーストプロダクトOn Offの新作が登場のお知らせです。先日個人的に最初のモデルCow(牛が現れるタイプ)をニュージーランドの知人に送ったところ、近所中でこれはどこで買ったのか?と騒ぎになり、知人はとても鼻が高いと喜んでいました。ニュージーランドでは牛がやたらにいるので、親近感と、点灯したときに牛が現れるというドラマ性が相まって "Oh My God! " だったようです。

そんなOn Offですが、新作は写真の右側、NEWの2つです。電球→電球に " Love " のロゴの「Love Bulb」、砂漠→馬のいる草原「Green up」と今回もすばらしくドラマティックです。特にGreen upに関してはライトを点灯する度にエコマインドくすぐられます。点ける度に、エコバッグを忘れてスーパーで袋をもらってしまったことを思い出して、反省して、明日のかばんにエコバッグを入れるなんて効果もあるんじゃないでしょうか?

On Off 商品ページはこちらをクリック!
エコバッグを持っているのに忘れがちな人もこちらをクリック!!

入荷情報
大人気のSun Jar(サンジャー)入荷しました!それでも申し訳ないのが予約注文が立て込んでいて、ずっと品薄なのです。来週中にまた入荷がありますので購入予定の方はお早めにどうぞ!!

おまけ
Flashfilmcomというカルチャー系ウェブマガジンでいつもGenerateでも扱っているデザイナーのインタビューなどを読んでいるんですが、フォトギャラリーに高橋歩さんのツリーハウスの写真があってあまりに素敵だったので載せておきます。というかリンクしておきます。

Generate Design
お盆期間は電話対応のみ休業させていただきます!
kuderka4web.jpg
皆さんまたまたお久しぶりです。お元気でしょうか?私は食欲は無くともしっかり食べれば元気になれるということを改めて実感しています。皆さんもバテて食欲が無い時でも何か食べてみましょう。きっと元気になれますよ。
今回は上のチェアの紹介です。ところで皆さんリトアニアという国知っていますか?東欧です。バルト三国の一つです。と説明しても仕切れないので後はWikipediaさんに任せます。ともあれそんなリトアニアのContraforma(コントラフォーマ)という新進気鋭のデザイン集団からPaulius Vitkauskas(ポリアス・ヴィトカウスカス)氏の作品です。名前はKU DIR KAです。Grand prix [neformate] 2006, Litexpo、The first prize BALDAI 2006, Litexpoリトアニアエキスポセンターで行われた展示会で受賞しています。割と賛否両論あるデザインですが、Generateとしては大推薦です。一応オーセンティックなロッキングチェアを現代的に再デザインしたということですが、何より見た目の無駄感が良いですよね。座ってみたくなる椅子は理由はどうあれ良い椅子だと思いました。一脚で完全に絵になる椅子、楽しくなる椅子、ナイス椅子です。

Generate Design


おまけ
先日行った江戸川花火の写真をアップしておきます。やっぱり夏は良いですね!
fireworks4blog.jpg
2007.08.03 ribbon project

とても暑いですね。本日私は食欲がありません。夏ばて気味でつらいですが、すばらしいデザインは時間と疲れを忘れさせてくれます。(と信じています)
本日は福井県の井上リボン工業(株)がディレクターに岡田栄造氏を迎え、リボンに新しい息吹を吹き込むべく立ち上がったribbon projectからSlow Fastの紹介です。最初に岡田氏のことを少し。岡田栄造氏はdezain.netを運営している方で、ジャーナリストであり、学術博士(デザイン史)であります。岡田さんのブログは面白い日記風で、特に食べた物を”夜お寿司”など記述してあってほんわかしています。加えてさすがのデザイン人、忙しい生活を送っておられるのだなあと感心します。

ところで写真ののランチョンマットですが、菊池奈菜さんとのコラボレーションによるデザインです。すばらしいアイデアのランチョンマットはSlow Fastという名前で、たとえハンバーガー一つを食べるにしてもナイフやフォークの柄によってフレンチフルコースの気分で食事できます。ribbonnana_big2.jpg
とてもいいですよね。日本だったらどうなんでしょう?吉野家の牛丼とかになるのでしょうか。。ちなみに写真はCHOWの特集「Fork on the Left, Knife on the Floor」のためにデザインしたテーブルセッティングだそうです。お借りしました!皆さんも卵かけご飯でフルコース気分を味わってみてください!!それでは!

おまけ
Generateのサイト上ではランチョンマットではなく、Placematとなっています。実はランチョンマットは英語じゃないらしいです。フランス語でもないらしいです。てっきりLunch on Mat的な事かと思ってましたが。。

Generate Design


ご無沙汰してます。Generate Designです。最近の天気と気温のランダムさは行き過ぎではないでしょうか?仕事帰りに突然の雨に打たれ、こんなにびしょぬれになったのは中学生以来、、、などと思い出してしまいました。
今日はいい天気なので、Generateアウトドア特集と勝手に題して、外でもつかえるインテリアBotanistシリーズの紹介です。Botanistとは植物学者という意味で、アルミのプレートに最近流行のフラワーパターンのカッティングが施されています。最新技術によってより作られたミニマムデザインと自然の表情の融合です。デザインはLAのOrange22の創設者であり、デザイナーのDario Antonioni氏(ダリオ・アントニオーニ)とデザイナーのBrandon Lynne氏(ブランドン・リン)です。Orange22はクライアントにHard Rock Hotel and Casinoや、Ralph Lauren等その他多数を持ち、内装デザインや、商材のプロモーションをデザインしています。特に工業的でフューチャリスティックなデザインで、ヘアーサロン等への仕事が目を引きます。先日紹介したDesignLuxeでも紹介されていますので、こちらもチェックしてみてください。
ところで上の写真はあまり製品が分かりませんが、Orange22のプロモーションではハイウェイにテーブルを置いてみたり、砂浜に置いてみたりと写真が割と面白いです。中でも個人的に草むらの中にエンドテーブルは気に入りました。
種類は、エンドテーブル(ベッド脇に置いて目覚ましや、ランプを置くようなテーブル、もちろんその他の使い道多数)、カクテルテーブル(ソファーの対面に置いたりというのがふつうの使い方でしょうか?)、ベンチ(座れます)の3種類です。もちろんアウトドアユースにも対応していますので、上の写真のように置いたりしてみてください。もちろん室内にも置いて楽しんでください!それではまた。

Generate Design
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。